サナダ ケイスケ
  Sanada Keisuke
  眞田 敬介
  人文学部
  英語英米文学科
  准教授
■ 学位・学歴
1. 2001/04~2003/03 北海道大学大学院 文学研究科 文学修士
2. 2003/04~2009/03 北海道大学大学院 文学研究科 博士(文学)
3. 2009/09/25
(学位取得)
北海道大学 博士(文学)

■ メールアドレス
1.

■ 現在の専門分野
英語学, 言語学 (キーワード:英語学、意味論、語用論、法助動詞、認知言語学、機能言語学)

■ 授業科目
シラバス検索画面へ

■ 現在の研究課題
1. 2002/07~  英語法助動詞の認知言語学的分析(特にmust、have to) 
2. 2004/01~  指令的発話行為の下位項目の特徴付けに関する研究 
3. 2009/06~  言語理論の統合可能性の考察:特に認知言語学の観点から  (キーワード:言語理論、認知)
4. 2010/03~  通時的観点からの意味論・語用論研究  (キーワード:意味変化、主観化、文法化)

■ 所属学会
1. 2001/04~ 日本英語学会
2. 2002/07~ 日本英文学会北海道支部
3. 2003/04~ 日本認知言語学会
4. 2007/12~ 日本語用論学会
5. 2009/09~ 英語語法文法学会
6. 2011/04~ 日本英文学会
7. 2013/09~ 日本英語英文学会
8. 2017/05~ 国際認知言語学会

■ 著書・論文歴
<論文>
1. 2014/11 疑問文に生起する英語認識的法助動詞の容認可能性について  (単著) 
2. 2013/11 歴史語用論の展開―古英語motanにおける「義務」用法の生起過程の一考察を通して―  (単著) 
3. 2013/11 A Closer Look at Subjectification in the Grammaticalization of English Modals: From the Main Verb Mo(o)t to the Root Modal Must  (単著) 
4. 2013/03 Notes on Subjectivity and Performativity in English Modals: A Critical Assessment of Verstraete's (2001) Analysis  (単著) 
5. 2012/01 中英語の本動詞mo(o)tから根源的法助動詞mustへの文法化に伴う主観化について  (単著) 
6. 2010/12 認知語用論の展開―レトリック研究を中心に―  (単著) 
7. 2009/12 [PDF]  A Quantitative and Diachronic Research of Root Must  (単著) 
8. 2009/12 言語理論における『認知』の位置づけに関する一考察―生成文法・関連性理論・認知言語学を中心に―  (単著) 
9. 2009/06 根源的用法のmustのプロトタイプ効果:発話行為とICMの観点から  (単著) 
10. 2007/09 認識的用法のmustを含む疑問文の文脈について  (単著) 
11. 2007/07 [PDF]  A Note on the Semantic Development of Root Have to  (単著) 
12. 2006/09 関連性理論と認知言語学:根源的用法のmustとhave toの意味をめぐって  (単著) 
13. 2006/07 A Cognitive Study on Obligative Speech Acts: a Preliminary Survey  (単著) 
14. 2005/07 [PDF]  Toward a Diachronic Study of Root Must: a Comparison between Shakespearian English and Present-Day English  (単著) 
15. 2005/03 The Characterization of the Subclasses of Directive Speech Acts  (単著) 
16. 2004/09 The Authority of Root Must: from a Standpoint of Prototype  (単著) 
17. 2004/07 A Prototype Approach to Root Must: with Special Reference to the Imposer and the Imposee of an Obligation  (単著) 
<著書>
18. 2009/09 英語の根源的法助動詞mustとhave to:認知言語学的分析  (単著) 
<その他>
19. 2015/12 オックスフォード英単語由来大辞典   

■ 学会発表
1. 2002/10 学会発表/英語の助動詞mustと話し手の権威について
2. 2003/09 学会発表/根源的用法のmustにおける権威の研究:プロトタイプの観点から
3. 2004/10 学会発表/根源的mustの通時的研究に向けて:シェイクスピア英語と現代英語の比較
4. 2004/11 学会発表/指令的発話行為の下位項目の特徴付けに関する考察
5. 2005/09 学会発表/関連性理論と認知言語学:根源的用法のmustとhave toの意味をめぐって
6. 2005/10 学会発表/義務的発話行為に関する一考察-行為指示型と行為拘束型の下位分類の特徴付けを通して-
7. 2006/09 学会発表/認識的用法のmustを含む疑問文の文脈について
8. 2006/10 学会発表/シェイクスピア英語における根源的have toの意味と意味変化
9. 2007/07 学会発表/Toward an ICM-Based Account of English Root Must
10. 2007/10 学会発表/根源的用法のmustのプロトタイプ効果:ICMによる説明
11. 2008/09 学会発表/根源的用法のmustのプロトタイプ効果:発話行為とICMの観点から
12. 2008/10 学会発表/根源的mustの通時的研究:義務を課す側の観点から
13. 2010/10 学会発表/mustの文法化に伴う主観化について:本動詞から根源的法助動詞へ
14. 2011/07 学会発表/A Closer Look at Subjectification in the Grammaticalization of an English Modal: From a Main Verb Mo(o)t to a Root Modal Must
15. 2012/11 学会発表/英語法助動詞における主観性と遂行性の一考察: Verstraete (2001)の分析の批判的検討を通して
16. 2013/06 学会発表/Reassessing and Separating Subjectivity and Performativity of Modals: With Central Focus on English Epistemic Modals
17. 2013/08 学会発表/On the Rise of Subjective Obligation Usage of English Must: A Blended Usage Hypothesis
18. 2013/12 学会発表/疑問文に生起する英語認識的法助動詞の容認可能性について
19. 2014/03 英語認識的法助動詞の疑問化―語彙・構文アプローチ―
20. 2015/07 認識的have toの使用依拠的一考察
21. 2015/07 A Usage-Based Approach to Epistemic Have to: Its Preferred Grammatical Patterns and Subjectivity
22. 2016/08 認知言語学と歴史語用論の交流―mustの主観的義務用法の成立過程の研究を通して―

■ 教育活動
<教育方法の実践例>
1. 2005/10~ リアクションペーパーの活用
2. 2008/04~ 短い英作文の練習
3. 2008/04~ 単語小テストの実施
4. 2010/09~ ゼミ合宿でのゼミ論中間発表会
5. 2010/10~ ゼミCレポートの発表会・卒業論文の中間発表会

■ 職歴
1. 2009/04~2011/03 札幌学院大学 人文学部 英語英米文学科 講師
2. 2011/04~ 札幌学院大学 人文学部 英語英米文学科 准教授
3. 2016/10~2017/09 ブリティッシュ・コロンビア大学英語学科 訪問研究員

  閉じる このページの先頭へ
 
無断転載を禁止します。    公開情報について    本学HPへ