ヨシカワ テツオ
  Yoshikawa Tetsuo
  吉川 哲生
  経営学部
  経営学科
  准教授
■ 学位・学歴
1. 1996/04~1999/03 横浜国立大学 経済学研究科 経済学
2. 1999/04~2005/03 横浜国立大学 国際社会科学研究科
3. (学位取得) 横浜国立大学 修士(経済学)

■ 研究紹介メッセージ
国際金融論でアメリカの国際通貨政策を研究しています。研究対象はアメリカの中央銀行であるFRB(連邦準備制度)と財務省ESF(為替安定基金)です。2008年には世界金融・経済危機がアメリカを震源として発生しました。1929年のニューヨーク株式市場の大暴落を契機に、1930年代に世界が大恐慌に陥ったことと比較すると、今後の展開は予断を許しません。今後は、アメリカをはじめとした金融政策や規制に関心が高まります。

■ メールアドレス
1.

■ 現在の専門分野
財政学・金融論 (キーワード:国際金融論、金融論、為替政策(米国))

■ 授業科目
シラバス検索画面へ

■ 所属学会
1. 2001/05~ 日本金融学会
2. 2001/05~ 証券経済学会
3. 2008/10~ 日本国際経済学会
4. 2012/09~ 信用理論研究学会

■ 著書・論文歴
<論文>
1. 2002/09 90年代におけるアメリカの為替政策の変遷―通貨危機への対応からの分析―  (単著) 
2. 2002/05 1990年代央におけるアメリカの為替政策―ドル安からドル高政策へ―  (単著) 
3. 1999/03 プラザ合意以後におけるアメリカの外国為替市場介入―連邦準備制度と財務省の資金関係―  (単著) 
<著書>
4. 2013/12 有斐閣経済辞典(第5版)  (共著) 
5. 2011/02 国際通貨体制と世界金融危機  (共著) 
6. 2000/12 通貨危機の政治経済学  (共著) 

■ 学会発表
1. 2001/08 研究会発表/アメリカの為替政策とメキシコ金融支援―為替政策の転換―
2. 2001/12 学会発表/1990年代央におけるアメリカの為替政策―ドル安からドル高政策へ―
3. 2003/02 研究会発表/アメリカの為替政策と通貨危機―メキシコ通貨危機を中心に―
4. 2009/08 研究会発表/基軸通貨ドルと世界金融・経済危機
5. 2010/04 学会発表/米国の為替政策の変遷

■ 教育に対する基本方針
専門分野を教える際には、学生の身近な問題から話し始めることで、興味を持ってもらおうと心がけています。また、その日の講義が何についての講義なのか印象付けるために、キーワードのようなものを提示するようにしています。教育全般に関しては、学生が学生時代にしかできないことをして、自らの可能性を広げてほしいと日ごろから考えているので、まずは学生の意見を聞いたり、学生自らが創造力を働かせて行動できるような環境作りを心がけています。

■ 教育活動
<教育方法の実践例>
1. 2006/04~ 小レポート形式の課題とアンケートの実施による学生の理解度チェック
2. 2006/04~ 講義内容に関連した時事的なテーマを話題とする

■ 職歴
1. 2009/04~ 札幌学院大学 経営学部会計ファイナンス学科 准教授

  閉じる このページの先頭へ
 
無断転載を禁止します。    公開情報について    本学HPへ