ナカタ マサミ
  Nakata Masami
  中田 雅美
  人文学部
  人間科学科
  准教授
■ 学位・学歴
1. 2005/04~2010/09 日本福祉大学 社会福祉学研究科 博士(社会福祉学)

■ 現在の専門分野
地域福祉, 居住福祉, ソーシャルワーク

■ 授業科目
シラバス検索画面へ

■ 所属学会
1. 2001/04~ 日本社会福祉学会
2. 2001/04~ 日本地域福祉学会
3. 2001/04~ 日本居住福祉学会
4. 2004/04~ 日本ソーシャルワーク学会
5. 2011/06~ 福祉社会学会
6. 2011/09~ 北海道地域福祉学会

■ 著書・論文歴
<論文>
1. 2017/03 福祉教育の視点からみた高校福祉教員養成の今日的課題  (単著) 
2. 2016/10 ソーシャルワーク実践における“事例”に関する研究 【研究ノート】  (単著) 
3. 2016/03 都市部に暮らす子どもの別居親に対する介護意識-札幌で実施した調査から-  (共著) 
4. 2016/03 教職系学生が高校福祉の免許を取得する意義-卒業生へのインタビュー調査をとおして-  (単著) 
5. 2016/03 日本の教育システムにおける評価と画一化 -MAXQDAを用いた学校教師へのインタビュー分析を通して-  (共著) 
6. 2015/08 書評りぷらい 中田雅美(2015)『高齢者の「住まいとケア」からみた地域包括ケアシステム』  (単著) 
7. 2014/03 過疎地域における独居高齢者の居住継続要因に関する研究-A町一人暮らし高齢者調査結果から-  (単著) 
8. 2012/03 地域主権型社会における地域包括ケアシステム構築に関する一考察 -デンマークLyngby-taarbæk Kommuneの取り組みを通して-  (単著) 
9. 2010/09 地方分権社会における高齢者の「住まいとケア」に関する研究 【博士学位請求論文】  (単著) 
10. 2010/03 デンマークにおける高齢者の「住まいとケア」の変遷に関する研究【研究ノート】  (単著) 
11. 2009/03 高齢者居住に関する政策の変遷と今日的課題【研究ノート】  (単著) 
12. 2007/03 ある知的障害者更生施設の今日的課題-開設40年目A施設の入所者実態調査から  (単著) 
13. 2004/03 痴呆ケア実践プログラム分析 -在宅、施設ケアにおける実践報告の評価を通して-  (共著) 
14. 2004/03 福祉サービスにおける「評価」の意味とその実際 -愛知県高浜市第三者評価事業の検討から-【実践研究報告】  (単著) 
<著書>
15. 2015/03 高齢者の「住まいとケア」からみた地域包括ケアシステム  (単著) 
16. 2016/12 第5章 第4節 社会福祉六法  (単著) 
17. 2014/09 第5章 第3節 社会福祉法 、 第4節 社会福祉六法  (単著) 
18. 2014/05 第Ⅱ部 5章 住まうを支える〈居住型施設と住宅・ケア〉施設の住宅化  (単著) 
19. 2013/12 第4章「住まう」ことにこだわるデンマーク 、【年表】デンマーク・日本の高齢者関連政策の変遷  (単著) 
20. 2011/12 第5章 居住福祉の人と空間~外山義の仕事の意味  (共著) 
21. 2009/02 第4章 地域福祉の推進方法 Ⅶ施設ケアと在宅ケアの統合  (単著) 
22. 2005/03 第2章 Ⅳ地域福祉の国際動向 B.デンマークなど北欧を中心に  (単著) 
23. 2004/04 コラム デンマーク高齢者福祉施設の現在(いま)  (単著) 

■ 学会発表
1. 2003/04 新たなレジデンシャルホームのあり方に関する研究-4つの特別養護老人ホームの実践の分析を通して-
2. 2004/06 介護保険事業所のサービス評価に関する一考察-愛知県高浜市第三者評価事業の分析を通して-
3. 2004/06 地域福祉型実習におけるコミュニティ・ソーシャルワークのプログラム開発研究
4. 2004/10 従来型特養における「入浴ケア」改善にみるソーシャル・アドミニストレーションに関する一考察
5. 2005/10 知的障害者更生施設における長期施設生活者の地域生活支援に関する一考察 -開設38年目A施設の実態及び家族意識調査分析を通して-
6. 2006/09 日本における高齢者施設における“居住”の課題
7. 2009/07 Functions of the Institutions for Elderly People in Postwar Japan
8. 2009/10 デンマーク・日本の高齢者居住政策の変遷に関する一考察
9. 2011/06 まちづくりを推進するための要因についての考察-北海道S町における生活不安分析から-
10. 2011/06 子世代同居/非同居世帯のネットワーク -北海道S町のデータから-
11. 2011/06 地方在住者の「気兼ね」に関する考察-北海道S町介護サービス利用抵抗分析から-
12. 2011/10 Welfare Services for Elderly People from the Perspective of Individual Demand and Financial Background in Japan
13. 2012/05 地域福祉の資金の流れと住民活動 -A町社会福祉協議会の事業を中心に-
14. 2012/05 過疎地域における高齢者が住み続けられる要因に関する一考察 -北海道A町X地区住民の居住継続意思分析から-
15. 2012/06 地方における小地域ネットワーク構築に関する一考察 -A町X地区における量的・質的調査結果から-
16. 2013/06 過疎地域に居住する独居高齢者の居住継続要因に関する一考察 -A町X地区の独居高齢者の暮らしと子どもとの関係-
17. 2013/06 Social Support and intention to continue to live in the community : A study in the depopulated area in Japan
18. 2014/06 過疎地域における独居高齢者の居住継続要因に関する研究 -居住継続意思に関連する背景に着目して-
19. 2014/07 過疎地域における独居高齢者のつながりに関する研究 ‐北海道A町おつきあい調査の地区別分析を通して
20. 2014/09 Contacts with their Children and Social Capital among Elderly Japanese people Living Alone in Rural Area
21. 2015/02 Analyzing a Long Interview in Japanese with MAXQDA: Evaluation and Standardization in the Japanese Education System
22. 2015/06 過疎地域における住民活動の担い手としての集落(1)(2)
23. 2015/07 過疎地域における地域包括ケアシステムに関する一考察-一人暮らし高齢者の相談相手に着目して-
24. 2015/07 "New Public Commons" and the Neighborhood Association in the Depopulated Areas of Japan
25. 2016/06 高齢者の住まいとしつらえ-原理原則からみえるもの
26. 2016/06 Attitudes toward Caring for Parents and Factors in Their Children’s Relationships with Them in Japan: Using Multinomial Logit Models
27. 2016/07 福祉教育の視点からみたソーシャルワーク教育に関する一考察-高校福祉免許取得者へのインタビュー調査をとおして-
28. 2016/08 An Obligation of Family Care and its Determinants in Japan
29. 2017/04 Delivery and Acceptance of Social Support between Parents and Children in Japanese context
30. 2017/06 過疎地域における集落単位の地域特性の把握に関する研究 -A県B町50集落データに着目して-

■ 教育活動
<教育方法の実践例>
1. 2003/04~2004/03 日本福祉大学地域福祉型実習 (山形県最上町) 実習指導アシスタント
<作成した教科書、教材>
2. 2004/04 岡崎強・野口典子・水谷俊夫編 『シリーズ・福祉新時代を学ぶ 新選・高齢者福祉論』みらい 175-176P
3. 2005/03 精神保健福祉士養成セミナー編集委員会編 『改訂第3版 精神保健福祉士養成セミナー 第12巻 地域福祉論』 へるす出版 81-88P
4. 2009/02 精神保健福祉士・社会福祉士養成基礎セミナー編集委員会編『精神保健福祉士・社会福祉士養成基礎セミナー5 地域福祉論 地域福祉の理論と方法』 へるす出版 237-244P
5. 2016/12 小田兼三・杉本敏夫編著 『社会福祉概論 現代社会と福祉 第4版』 勁草書房 114-122P

■ 社会における活動
1. 2005/12 岩倉市改正介護保険法フォーラム 「ささえ合う長寿社会・岩倉をめざして」シンポジスト 〔愛知県岩倉市〕
2. 2007/02 新春のつどい 対談「デンマークから学ぶこと」対談者 〔高齢者の施設づくりをすすめる近畿連絡会〕
3. 2009/09~2011/08 札幌市 福祉のまちづくり推進会議 〔北海道札幌市〕 公募委員
4. 2011/02 地域福祉計画の作成の実践プロセスにおける実地専門教育プログラム 「最上町とデンマークの地域包括ケアシステムの比較」 講師 〔山形県最上町・日本福祉大学「福祉力」組み立て型就業力育成プログラム〕 文部科学省 平成22年度「大学生の就業力育成支援事業」
5. 2013/11 積丹町まちづくり研修会 「地域におけるまちづくり実践」講師 〔北海道積丹町〕
6. 2014/05 ともにアートギャラリー 「デンマーク・アールブリュット探訪」講師 〔社会福祉法人ともに福祉会〕
7. 2016/04~2018/10 江別市 社会福祉審議会 〔北海道江別市〕 委員
8. 2016/04~2017/05 江別市 奨学審議委員会 〔北海道江別市〕 委員
9. 2016/10 連続講座:最後まで地域で暮らしていくために 第1回「高齢者のすまいとケアのゆくえ」 講師 〔大阪宅老所・グループハウス連絡会〕
10. 2016/11 札幌学院大学・東亜大学70周年記念 国際シンポジウム 「日韓社会の将来像」コメンテーター 〔札幌学院大学〕
11. 2016/11 群馬県老人福祉施設協議会(老人デイサービス研究部会) 第2回研修会 ミニ講義「地域におけるデイサービスの役割を考える」 講師 〔群馬県老人福祉施設協議会〕
12. 2016/12 札幌学院大学 高大連携プログラム 出前講座「福祉の仕事の面白さ」 講師 〔札幌学院大学 高大連携プログラム〕

■ 共同研究・受託研究の実績
1. 2013/04~2016/03 北海道過疎地域における「協セクター」の形成及び持続要因に関する研究(競争的資金等の外部資金による研究)

■ 職歴
1. 2003/10~2007/09 一般社団法人尾北医師会 地域ケア協力センター ソーシャルワーカー
2. 2007/10~2008/09 関西福祉科学大学 社会福祉学部 福祉実習相談室 講師
3. 2009/04~ 藤女子大学 人間生活学部 非常勤講師
4. 2011/04~2016/03 札幌学院大学 人文学部 非常勤講師
5. 2012/05~2016/03 九州大学 人間環境学府 学術協力研究員
6. 2013/04~2016/03 北星学園大学 社会福祉学部 非常勤/臨時講師
7. 2016/04~ 札幌学院大学 人文学部 特別任用准教授

  閉じる このページの先頭へ
 
無断転載を禁止します。    公開情報について    本学HPへ