ヤマゾエ シュウゴウ
  Yamazoe Shugo
  山添 秀剛
  人文学部
  英語英米文学科
  准教授
■ 学位・学歴
1. 2004/03/25
(学位取得)
大阪市立大学 博士(文学)

■ メールアドレス
1.

■ 現在の専門分野
言語学, 英語学 (キーワード:意味論、語用論、認知言語学)

■ 授業科目
シラバス検索画面へ

■ 所属学会
1. 2000/04~ 英語語法文法学会
2. 2000/04~ 日本英語学会
3. 2001/04~ 日本認知言語学会
4. 2004/04~ 日本英文学会
5. 2011/04~ 日本語用論学会

■ 著書・論文歴
<論文>
1. 2012/02 状態変化を表す「go+名詞」句に関する一考察  (単著) 
2. 2007/10 「手段・方法」を表すメタファー表現に関する一考察  (単著) 
3. 2006/03 移動動詞fallの多義構造について  (単著) 
4. 2004/03 移動動詞comeの多義構造について  (単著) 
5. 2003/02 状態変化動詞としてのfallに関する認知言語学的考察  (単著) 
6. 2002/12 「Come/Go + unXed」句に関する認知的成立条件  (単著) 
7. 2002/10 状態変化動詞としてのComeとGoに関する認知言語学的考察  (単著) 
8. 2002/03 ‘Go + adjective’の三用法に関する認知的成立条件と意味的傾向  (単著) 
<著書>
9. 2004/03 移動動詞come/goの意味ネットワークならびに状態変化用法に関する認知言語学的考察(博士論文)  (単著) 
10. 2003/02 ことばは味を超える─美味しい表現の探究  (共著) 
<その他>
11. 2012/02 『プログレッシブ英和中辞典 第5版』 瀬戸賢一・投野由紀夫(編集主幹)   
12. 2007/03 『英語多義ネットワーク辞典』 瀬戸賢一(編集主幹)   

■ 学会発表
1. 2001/10 ‘Come/Go + unXed’句に関する認知的成立条件
2. 2001/10 状態変化動詞としてのComeとGoに関する認知言語学的考察
3. 2001/12 ‘Go + adjective’の三用法に関する認知的成立条件と意味的傾向
4. 2002/11 状態変化動詞としてのfallに関する認知言語学的考察

■ 教育活動
<教育方法の実践例>
1. 2005/04~ オリジナルプリントを用いた確認小テスト
2. 2006/04~ インターネットを利用した授業時間内外学習の促進
<その他>
3. 2005/04~ 専門ゼミ合宿における卒論・ゼミ論報告会

  閉じる このページの先頭へ
 
無断転載を禁止します。    公開情報について    本学HPへ