シライシ ヒデトシ
  Shiraishi Hidetoshi
  白石 英才
  経済学部
  経済学科
  教授
■ 学位・学歴
1. 2002/01~2006/09 フローニンゲン大学(オランダ) 文学部 博士(言語学)
2. (学位取得) フローニンゲン大学(オランダ) 博士(言語学)

■ 研究紹介メッセージ
ロシア極東、アムール・サハリン地域の先住少数民族ニヴフ語の現地調査による記録をしています。また生成音韻論の手法を用いてニヴフ語の音韻現象の分析をしています。

■ メールアドレス
1.
2.

■ ホームページ
1. http://ext-web.edu.sgu.ac.jp/hidetos/ ニヴフ語音声資料 世界最大のWEB上ニヴフ語音声アーカイヴ

■ 現在の専門分野
言語学 (キーワード:ニヴフ語、フィールドワーク、生成音韻論、サハリン、アムール)

■ 授業科目
シラバス検索画面へ

■ 現在の研究課題
1. 2007/04~2010/03  危機に瀕した古アジア諸語の類型的・系統的多様性に関する調査研究  (キーワード:ニヴフ語)
2. 2008/04~2011/03  ニヴフの植物資源利用および植物語彙に関する基礎情報の収集とデータベースの構築  (キーワード:ニヴフ、植物利用、データベース)
3. 2008/04~2012/03  自律調和的視点から見た音韻類型のモデル  (キーワード:ニヴフ語、生成音韻論)
4. 2009/04~2013/03  北東アジア諸言語の統合性をめぐる類型的・史的比較研究  (キーワード:統合性、ニヴフ語)
5. 2010/04~2013/03  北海道および周辺地域における他動性交替と文法関係  (キーワード:他動性交替、ニヴフ語)

■ 所属学会
1. 1998/08~ 日本言語学会
2. 2000/08~ 日本音韻論学会

■ 著書・論文歴
<論文>
1. 2014/03 ニヴフ語アムール方言の基礎語彙2  (共著) 
2. 2013/03 ニヴフ語アムール方言の基礎語彙  (共著) 
3. 2013/03 ニヴフの交易活動に係る聴き取りと物質文化資料の調査について  (共著) 
4. 2013/03 Phonologically conditioned allomorphy in Nivkh  (単著) 
5. 2013/01 Documentation and revitalisation of two endangered languages in eastern Asia: Nivkh and Ainu.  (共著) 
6. 2013/01 Prosodic restrictions on vowel deletion in Nivkh.  (単著) 
7. 2012/12 北海道周辺言語の他動性交替  (共著) 
8. 2012/09 M.プフタ著、G.ローク、金子亨編『ニヴフ語-ロシア語分類語彙集』のニヴフ語表記『』  (単著) 
9. 2012/03 ニヴフ語の2音節語根に見られる母音の共起制限について  (単著) 
10. 2011/03 ニヴフ語における逆使役構文の成立条件を考えるために  (単著) 
11. 2011/03 サハリンのニヴフにおける興味深い利用植物  (共著) 
12. 2010/03 ソノリティから見たニヴフ語の子音連続  (単著) 
13. 2009/06 Quantitative Adjustment in Nivkh  (単著) 
14. 2009/06 Modelling initial weakenings  (単著) 
15. 2009/03 ロシア・サハリン州におけるニヴフの植物利用(3)  (共著) 
16. 2009/03 On the alternation between CVCVC and CVCC forms in Nivkh  (単著) 
17. 2008/10 Nivkh  (単著) 
18. 2008/03 ニヴフ語話者が所有する録音資料について  (単著) 
19. 2007/03 ニブフ(ギリヤーク)の縫い方  (共著) 
20. 2007/03 ニヴフ語の植物名称:東方言を中心に  (共著) 
21. 2004/05 Base-Identity and the Noun-Verb Asymmetry in Nivkh.  (単著) 
22. 2004/03 Phonologically driven allomorphy of Nivkh transitive verbs – With implications for the nature of prefix 1.  (単著) 
23. 2003/10 Vowel devoicing of Ainu: How it differs and not differs from vowel devoicing of Japanese.  (単著) 
24. 2001/09 Prosodic Structure and Sandhi Phenomena in the Saru Dialect of Ainu  (単著) 
<著書>
25. 2013/12 ニヴフ語音声資料10 ゾヤ イヴァノヴナ リュトヴァ  (共著) 
26. 2012/08 ニヴフ語音声資料9 ヤルチュク  (共著) 
27. 2011/08 ニヴフ語音声資料8 スヴェトラナ フィリモノヴナ ポリチェヴァ  (共著) 
28. 2010/08 ニヴフ語音声資料7 ヴァレンティナ フィリモノヴナ・チャフカン  (共著) 
29. 2010/04 Topics in Nivkh Phonology: A description and analysis of the sound system of Nivkh  (単著) 
30. 2009/08 『ニヴフ語音声資料6: コンスタンチン ヤコヴレヴィッチ・アグニュン』  (共著) 
31. 2008/07 Sound materials of the Nivkh language 5 Galina Fiodorovna Ialina  (共著) 
32. 2007/08 Sound Materials of the Nivkh Language 4 -Leonid Ivanovich Iugain  (共著) 
33. 2006/09 Topics in Nivkh Phonology  (単著) 
34. 2004/12 Sound Materials of the Nivkh Language 3 – Pygsk  (共著) 
35. 2003/03 Sound Materials of the Nivkh Language 2 – Songs and Folktales of the Amur Dialect  (共著) 
36. 2002/03 Sound Materials of the Nivkh Language 1 – Folktales by V.F.Ivanova-  (共著) 
<その他>
37. 2009/02 私のフィールドノートから-ニヴフ語-  (単著) 
38. 2006/03 サハリンの先住民族をフィールドワークする -ニヴフ語音声資料プロジェクトー  (単著) 
39. 2003/10 Vowel devoicing of Ainu -How it differs and not differs from vowel devoicing of Japanese  (単著) 
40. 2003/10 北サハリンを発つ朝  (単著) 

■ 学会発表
1. 1998/10 学会発表/Evidence for Prominence Based Accent-shifting in Ainu (Saru Dialect)
2. 2000/05 学会発表/Nivkh consonant alternation does not involve hardening
3. 2001/11 学会発表/Metrical Evidence for Cliticization in Nivkh Pronouns
4. 2004/05 学会発表/Base-Identity and the Noun-VerbAsymmetry in Nivkh
5. 2005/01 学会発表/Asymmetric Specification in the Laryngeal Contrast of Nivkh,
6. 2005/06 学会発表/Asymmetric specification in the laryngeal contrast of Nivkh
7. 2007/08 学会発表/Topics in Nivkh Phonology (博士号取得者招待講演)
8. 2008/09 学会発表/ニヴフ語におけるCVCVC語形とCVCC語形の交替について
9. 2008/11 学会発表/Empty nucleus in Nivkh
10. 2009/06 学会発表/Quantitative Adjustment in Nivkh
11. 2011/02 学会発表/Breaking as articulatory conflict resolution:the case

■ 教育活動
<教育方法の実践例>
1. 2005/04~ ウェブサイトを利用した教材アクセス方法
2. 2006/06~ 掲示板を用いた授業評価方法の実践
3. 2006/10~ ジグソー活動、フィンランドメソッド式ブレインストーミングによる集団学習活動の実践
4. 2007/06~ 全学共通基礎科目「論述・作文AB」における受講生情報のポートフォリオ化の促進
5. 2008/05~ 学習支援室を利用した「論述作文」の受講者支援
<作成した教科書、教材>
6. 2006/10 「論述作文」教材
7. 2006/10 言語と社会教材
<その他>
8. 2006/11 北方民族博物館(網走市)への見学旅行(ゼミ合宿)の実施

■ 社会における活動
1. 2002/08~ ニヴフ語音声資料の現地還元事業 サハリン州郷土博物館、札幌学院大学 フィールドワーカー ニヴフ語音声資料の現地還元を促進する。これまで延べ300部程度現地に寄贈した。
2. 2008/09 ニヴフをテーマとした映画上映会及びニヴフ人講師による講演
3. 2010/10~ 日本音韻論学会理事 日本音韻論学会 理事 理事

■ 共同研究希望テーマ
1. ニヴフ語
2. 言語接触

■ 共同研究・受託研究の実績
1. 1997/04~ 「現在の研究課題」の項をご覧ください(国内共同研究)

■ 研究経歴
1. 2002~2005 University of Groningen

■ 職歴
1. 2002/01~2006/09 フローニンゲン大学文学部言語学科 文学部言語学科 文学部言語学科助手

  閉じる このページの先頭へ
 
無断転載を禁止します。    公開情報について    本学HPへ