シマダ ヨシヒロ
  Shimada Yoshihiro
  嶋田 佳広
  法学部
  法律学科
  准教授
■ 学位・学歴
1. (学位取得) 大阪市立大学 修士(法学)

■ 現在の専門分野
社会法学 (キーワード:生活保護、社会手当、住宅政策)

■ 授業科目
シラバス検索画面へ

■ 所属学会
1. 1999/04~ 日本社会保障法学会
2. 1999/04~ 日本労働法学会

■ 著書・論文歴
<論文>
1. 2009/05 ドイツ求職者基礎保障における保護基準-社会裁判所の違憲決定を受けて  (単著) 
2. 2009/05 最低生活保障制度の変容-就労支援型公的扶助の特徴と課題  (単著) 
3. 2009/05 保護基準に対する司法審査の視座・ヘッセン州社会裁判所決定課題-日本の加算廃止訴訟を視野に  (単著) 
4. 2008/05 ドイツにおける若者支援の制度化と半公的化  (共著) 
5. 2008/05 現に住居を有しない要保護者の居宅保護   
6. 2007/06 生活保護と就労支援-ハルツ第四法改革からの示唆-  (単著) 
7. 2005/11 ドイツ社会法典第2編・第12編にみる2005年社会扶助法改革  (単著) 
8. 2005/05 住宅扶助の日独比較  (単著) 
9. 2004/02 ドイツ社会扶助定型化の理論と現状  (単著) 
10. 2003/11 「ドイツ連邦社会扶助法上の住居費実費支給原則(一)、(二)、(三・完)」  (単著) 
<その他>
11. 2009/07 ドイツ社会のセーフティネットの特徴と変容-求職者基礎保障にみるネット再構築の論理  (単著) 
12. 2009/06 失業回避への挑戦-「操業短縮手当」のフル活用  (単著) 
13. 2009/05 翻訳/ 連邦社会裁判所2009年1月27日決定   
14. 2009/05 翻訳/ ヘッセン州社会裁判所第6法廷2008年10月29日判定   
15. 2005/09 翻訳/  社会法典第2編(求職者に対する基礎保障)・第12編(社会扶助)  (共著) 

■ 学会発表
1. 2004/05 学会発表/ドイツ連邦社会扶助法上の住居費実費支給原則
2. 2008/10 学会発表/最低生活保障制度の変容 ~ 就労支援型公的扶助の特徴と課題

■ 教育活動
<教育方法の実践例>
1. 2005~ 一年生ゼミにおけるディベート大会の企画・立案・実行を通じた発展的導入教育の推進

■ 職歴
1. 2009/04~ 札幌学院大学 法学部 法律学科 准教授

  閉じる このページの先頭へ
 
無断転載を禁止します。    公開情報について    本学HPへ