ウスキ イサオ
  Usuki Isao
  臼杵 勲
  人文学部
  人間科学科
  教授
■ 学位・学歴
1. 1978/04~1982/03 明治大学 文学部
2. 1982/04~1984/03 明治大学 文学研究科 文学修士
3. 1985/04~1991/12 筑波大学 歴史・人類学研究科
4. (学位取得) 國學院大學 博士(歴史学)

■ 現在の専門分野
文化財科学, 東洋史, 考古学

■ 授業科目
シラバス検索画面へ

■ 所属学会
1. 1989/05~ 日本考古学協会
2. 1995/04~ 日本民具学会
3. 2003/05~ 北海道考古学会
4. 2005/04~ 内陸アジア史学会

■ 著書・論文歴
<論文>
1. 2014/10 デジタル写真による文化遺産の3D記録作成  (単著) 
2. 2013/03 考古資料のデジタル記録化とデータ活用  (共著) 
3. 2012/02 契丹の地域土器生産  (単著) 
4. 2010/10 北東アジアと日本列島  (単著) 
5. 2008/02 女真社会の総合資料学的研究-その成立と展開  (単著) 
6. 2007/10 モンゴル国における中世都市遺跡の保護  (共著) 
7. 2006/12 モンゴル トーラ川流域の契丹城郭  (共著) 
8. 2006/03 アムール流域の金・東夏遺跡  (単著) 
9. 2005/09 北方社会と交易 オホーツク文化を中心に  (単著) 
10. 2005/02 香深井A遺跡出土陶質土器の再考  (単著) 
11. 2004/03 大陸と北海道  (単著) 
12. 2003/08 Охотская и тэбахская культуры  (単著) 
13. 2003/03 ニコラエフス空港1遺跡の竪穴住居と出土資料  (共著) 
14. 2003/03 日本海対岸地域の中世遺跡の考古学的研究  (単著) 
15. 2003/02 遺跡の復原を考える  (単著) 
16. 2001/02 Guntuling Culture in Sanjiang Plain  (単著) 
17. 2000/03 靺鞨・女真系帯金具について  (単著) 
18. 2000/02 Mokhe-Jurchen type rectangular belt ornaments  (単著) 
19. 1999/03 1998年度アムール河口部(ニコラエフスク地区一般調査報告  (共著) 
20. 1999/03 アムール河口部のテバフ文化土器  (単著) 
21. 1998/12 祓の流行① 平城京左京七条一坊  (単著) 
22. 1998/09 頭塔出土緡銭  (単著) 
23. 1998/06 中国東北部三江平原の滾兔嶺文化  (単著) 
24. 1997/03 アムール河口部(ニコラエフスク地区)の一般調査  (共著) 
25. 1996/05 近年のロシア極東の考古学調査・研究  (単著) 
26. 1995/09 モンゴルの匈奴墓  (単著) 
<著書>
27. 2014/03 『ロシア沿海地方の初期金属器時代』  (共著) 
28. 2010/12 女真の考古学  (単著) 
29. 2010/12 契丹・女真との交流  (単著) 
30. 2010/04 『北東アジア中世城郭集成Ⅰ ロシア沿海地方:金東夏代1』  (共著) 
31. 2009/11 『中世東アジアの周縁世界』   
32. 2009/06 モンゴル国ブルガン県チントルゴイ城址の検討  (単著) 
33. 2009/03 極東地域の葬墓制  (単著) 
34. 2009/03 モヨロ貝塚出土資料の放射性炭素年代測定  (共著) 
35. 2009/03 『チントルゴイ城址の研究1』  (共著) 
36. 2008/10 ロシア沿海地方の金・東夏代女真関連遺跡  (単著) 
37. 2008/03 北東アジアの仏教遺跡  (単著) 
38. 2007/02 北東アジアの中世土器地域圏  (共著) 
39. 2006/08 『北方世界の交流と変容 中世の北東アジアと日本列島』  (共著) 
40. 2005/05 『間宮海峡先史文化の復元と日本列島への文化的影響』  (共著) 
41. 2005/03 『科学研究費補助金基盤研究(B)(2) 北海道における古代から近世の遺跡の暦年代 平成16年度研究成果報告書』  (共著) 
42. 2004/01 『鉄器時代の東北アジア 』  (単著) 
43. 1999/11 『鏡を作る 海獣葡萄鏡を中心として』  (共著) 
44. 1999/04 『幻のおおでら 百済大寺』  (共著) 
45. 1997/03 『平城京左京七条一坊十五・十六坪発掘調査報告』  (共著) 
46. 1996/03 『平城京長屋王邸跡 左京二条二坊・三条二坊発掘調査報告』  (共著) 
<その他>
47. 2010/03 チントルゴイ契丹城市遺跡  (単著) 
48. 2009/10 東アジアにおける三燕文化  (単著) 
49. 2007/06 『東アジア考古学辞典』  (共著) 
50. 2005/12 北東アジアと北日本  (単著) 
51. 2002/06 キトラ古墳の石槨内部撮影調査  (単著) 
52. 2002/06 古墳時代の最新情報  (単著) 
53. 2001/06 古墳時代の最新情報  (単著) 

■ 学会発表
1. 2004/05 学会発表/ロシア沿海地方の渤海墓
2. 2004/08 学会発表/Regional groups of pottery industries in northeast Asia from the ancient times to early medieval times
3. 2006/01 学会発表/The role of trade in the Okhotsk culture
4. 2006/05 学会発表/ロシア沿海州金・東夏代の城郭調査
5. 2007/05 学会発表/モンゴル東部,ヘンティー県ハンザット1遺跡における地考古学的調査(1)
6. 2007/05 学会発表/トーラ川流域契丹城郭の研究
7. 2008/01 シンポジウム発表/金・東夏の城下町系都市
8. 2008/03 学会発表/モンゴル・チントルゴイの契丹(遼)城址の研究
9. 2009/07 学会発表/蒙古国青陶勒蓋契丹(遼)城址的研究
10. 2009/10 シンポジウム発表/考古学から見た金代女真
11. 2009/11 学会発表/日本における靺鞨研究
12. 2009/12 シンポジウム発表/チントルゴイ契丹城市遺跡
13. 2010/02 シンポジウム発表/靺鞨・女真とオホーツク文化
14. 2010/04 学会発表/アムール川流域・サハリンとオホーツク文化
15. 2010/05 学会発表/モンゴル中世窯業生産の解明-チントルゴイ古窯址群1号窯址の調査成果
16. 2010/11 学会発表/日本における匈奴考古学研究
17. 2011/12 学会発表/靺鞨缶的形成過程
18. 2012/01 学会発表/ロシア沿海地方北部における初期鉄器時代~靺鞨文化期の様相
19. 2012/05 学会発表/契丹国城郭都市の門構造の比較検討
20. 2012/10 学会発表/ロシア沿海地方の初期鉄器時代防御集落
21. 2013/02 学会発表/モンゴル高原の都市遺跡
22. 2013/08 関于契丹国州城城門的結構
23. 2013/10 大陸
24. 2014/03 ロシア沿海地方北部の青銅器文化
25. 2014/10 北海道における縄文時代年代研究と貝塚の年代測定
26. 2015/02 モンゴル国ムングンモリット村ホスティン・ボラク2遺跡の調査

■ 教育活動
<教育方法の実践例>
1. 2002/04~ 画像・CG,DVD等のマルチメデイアやプレゼンテーションソフトを活用した視覚的講義
2. 2003/04~ 神事・文化財建造物・史跡・発掘調査・博物館等の現地見学を活用した研究発表によるゼミ
3. 2003/09~ 素材・石器・土器等の実物資料・文化財を活用した実見等実習(TA補助)
4. 2004/04~ 測量器等を実際に扱いながらの現地実習(TA補助)
5. 2004/04~ リアクションペーパー・小レポート等を活用した双方向型授業
<作成した教科書、教材>
6. 2002/04 プレゼンテーションファイル
7. 2003/04 授業プリント
<その他>
8. 2005/10~ ゼミ旅行の実施

■ 社会における活動
1. 2000/12 (財)大阪府文化財調査研究センター 平成12年度文化財講座講師:日本海対岸の世界
2. 2003/01~2005/01 国庫補助事業史跡網走市最寄貝塚発掘調査への協力
3. 2004/04~ 日本考古学協会 『日本考古学』査読委員
4. 2006/01~2006/12 日本学術振興会科学研究費委員会 専門委員
5. 2010/09~2012/08 北海道文化財保護審議会 北海道文化財保護審議会 審議委員 副会長 史跡等文化財の保存・活用の調査審議
6. 2012/04~2014/03 大学設置・学校法人審議会 文部科学省 大学設置・学校法人審議会専門委員 大学・学部設置に関わる審査
7. 2012/04~2014/03 日本考古学協会埋蔵文化財保護対策委員会 日本考古学協会 委員 埋蔵文化財保護に関する検討
8. 2012/08~2013/07 日本学術振興会 審査委員 日本学術振興会 特別研究員等審査会専門委員,国際事業委員会書面審査員 特別研究員等の採択審査
9. 2012/09~2014/08 北海道文化財保護審議会 北海道教育庁 会長 道内の文化財保護に関する事項の検討
10. 2013/09~ 新ひだか町史跡保存管理計画策定委員会 新ひだか町史跡保存管理計画策定委員会 委員 町内史跡の保存管理計画の策定
11. 2013/11~2015/10 小樽市文化財審議会 小樽市教育委員会 委員 文化財保護活用施策の検討
12. 2014/06~2015/03 館城址整備検討委員会 厚沢部町教育委員会 委員 史跡整備計画の検討
13. 2014/09~ 北海道文化財保護審議会 北海道教育委員会 会長 文化財の指定等に関する審議
14. 2014/10~2020/09 日本学術会議 内閣府 連携会員 会員と連携して日本学術会議の職務の一部を行う

■ 職歴
1. 1989/04~2001/03 筑波大学大学院 特別研究員(DC)
2. 1992/01~1996/06 奈良国立文化財研究所 平城宮跡発掘調査部・研究員
3. 1996/07~1998/03 奈良国立文化財研究所 平城宮跡発掘調査部・主任研究官
4. 1998/04~2000/03 奈良国立文化財研究所 飛鳥資料館・主任研究官
5. 2000/04~2002/03 文化庁 文化財部記念物課・文化財調査官
6. 2002/04~2006/03 札幌学院大学 人文学部 助教授
7. 2006/04~ 札幌学院大学 人文学部 教授

  閉じる このページの先頭へ
 
無断転載を禁止します。    公開情報について    本学HPへ