オザワ タカシ
  Ozawa Takashi
  小澤 隆司
  法学部
  法律学科
  教授
■ 学位・学歴
1. 1990/04~1996/03 早稲田大学 法学研究科 博士(法学)
2. 2000/01
(学位取得)
早稲田大学 博士(法学)

■ ホームページ
1. https://ja-jp.facebook.com/people/Ozawa-Sapporogakuin/100009467477517 facebook/Ozawa-Sapporogakuin

■ 現在の専門分野
基礎法学 (キーワード:日本近代法史)

■ 授業科目
シラバス検索画面へ

■ 所属学会
1. 1990/04~ 法制史学会
2. 1995/04~ 日本公法学会
3. 2006/04~ 日本法社会学会

■ 著書・論文歴
<論文>
1. 2015/03 法人役員処罰法(大正4年法律第18号)に関する一考察--山岡萬之助関係文書を手がかりとして  (単著) 
2. 2008/03 「足尾鉱毒事件」をめぐる社会状況と大学・卒業生・学生の動向  (単著) 
3. 2007/10 大正期の日本刑事法と山岡萬之助  (単著) 
4. 2007/09 沖縄の戦後補償-改憲論の盲点  (単著) 
5. 2006/06 一国法制史は「帝国」の記憶を想起し得るか?(シリーズ若手研究者が読み解く○○法・第3回)  (単著) 
6. 2004/03 「沖縄」再考――日本近代法史の一課題  (単著) 
7. 2000/12 「在野の法学者」馬場辰猪――「福沢諭吉の影」の下に  (単著) 
8. 1999/06 日本商法典の誕生(特集・商法100年――立法・論争・課題)  (単著) 
9. 1999/02 馬場辰猪の法学啓蒙  (単著) 
10. 1998/06 琉球列島米国民政府裁判所の陪審制度(上・下)――「アメリカ世」の憲法史・序説  (単著) 
11. 1998/03 日本刑法制定史論の新たな視角――「法典編纂の国際的条件」再考(吉井蒼生夫ほか「近代日本の法典編纂――1880年刑法(旧刑法)を再読する」所収)  (単著) 
12. 1997/01 日本と沖縄――「琉球処分」の憲法史  (単著) 
13. 1997/01 昭和10年前後の福島正夫――習作としての『法律年鑑』(吉井蒼生夫ほか「福島正夫の学問的遺産に学ぶ――『福島正夫著作集』完結によせて」所収)  (単著) 
14. 1996/06 法学教科書の近代と馬場辰猪  (単著) 
15. 1995/04 馬場辰猪と証拠法(上)(下)――『英国証拠法述義』の論理と倫理  (単著) 
<著書>
16. 2006/09 『「帝国」の経済学 岩波講座「帝国」日本の学知・第2巻』  (共著) 
17. 2005/07 『商法の歴史と論理(倉澤康一郎先生古希記念)』  (共著) 
18. 2003/12 『日本近代法制史研究の現状と課題』  (共著) 
19. 2002/08 『福澤諭吉の法思想とその展開――視座・実践・影響』  (共著) 
20. 2000/06 『沖縄米軍基地法の現在』  (共著) 
21. 1992/05 『裁判と法の歴史的展開』  (共著) 
<その他>
22. 2014/03 書評・林尚之著『主権不在の帝国--憲法と法外なるものをめぐる歴史学』有志舎、2012年  (単著) 
23. 2012/06 明治時代史大辞典  (共著) 
24. 2010/10 書評/村上一博編著『日本近代法学の先達 岸本辰雄論文選集』  (単著) 
25. 2009/03 解題(法務図書館所蔵・昭和27年会社更生法等関係文書目録)  (単著) 
26. 2009/03 書評/平井一雄・村上一博編『日本近代法学の巨擘 磯部四郎研究』  (単著) 
27. 2008/03 解題(法務図書館所蔵・司法大臣岩村通世関係文書目録)  (単著) 
28. 2007/03 解題(法務図書館所蔵山岡萬之助文書目録)  (単著) 
29. 2006/03 書評/  沖縄から問う共通の被害――森川恭剛著『ハンセン病被害差別の法的研究』法律文化社、2005年  (単著) 
30. 2005/10 書評/  藤原明久著『日本条約改正史の研究――井上・大隈の改正交渉と欧米列国』  (単著) 
31. 2001/05 史料整理・史料情報/  『故牧野英一博士寄贈図書目録』新版編纂始末  (単著) 
32. 1999/12 書評/  福沢における「政党」の発見――書評・山田央子「福沢諭吉における政党内閣論の形成」(『明治政党論史』所収)  (単著) 
33. 1995/12 学界回顧/  1995年学界回顧・日本法制史  (単著) 
34. 1995/01 書評/  堅田剛著「穂積陳重の法思想――立法と法学の使命について」  (単著) 

■ 学会発表
1. 1996/06 馬場辰猪の証拠法論
2. 1996/10 ミニシンポジウム「近代日本の法典編纂――1880年刑法を再読する」
3. 2001/04 法務図書館所蔵牧野英一関係文書等の現状について
4. 2004/03 日本刑法史と戦後沖縄 沖縄関係学研究会定例会(法政大学沖縄文化研究所)

■ 教育活動
<教育方法の実践例>
1. 2004/10~ 教材提示機等を活用した講義
2. 2006/04~ 裁判傍聴の実施・法廷教室の活用
3. 2011/04~ 教養科目における東北・北海道ゆかりの文学作品の朗読鑑賞会の開催
4. 2011/10~2013/10 大学祭における専門ゼミナールの展示発表
<作成した教科書、教材>
5. 1994/05 『日本近代法論』共著、山中永之佑編、法律文化社
6. 2002/07 『新・日本近代法論』共著、山中永之佑編、法律文化社
7. 2003/10 『日本近代法案内――ようこそ史料の森へ』共著、山中永之佑編、法律文化社
8. 2005/04 『18歳からの教養ゼミナール』共著、家田愛子編著、北樹出版
9. 2010/08 『日本法制史』共著、浅古弘ほか編、青林書院
10. 2015/03 日本近現代法史(資料・年表)第2版、共著、藤田正・吉井蒼生夫・林真貴子ほか編、信山社

■ 社会における活動
1. 1995/04~ 全国憲法研究会 会員
2. 2009/05~ 山岡記念文化財団(一般財団法人) 評議員

  閉じる このページの先頭へ
 
無断転載を禁止します。    公開情報について    本学HPへ