ウチダ ツカサ
  Uchida Tsukasa
  内田 司
  人文学部
  人間科学科
  教授
■ 学位・学歴
1. (学位取得) 東北大学 教育学修士

■ 研究紹介メッセージ
社会学の中でも、感情コミュニケーション論を基礎として、現代社会生活における社会変化とその変化が人々の人間関係・精神生活のあり方にどのような影響を与えるかについて探究しております。また、現在の経済のグローバル化の下で生じている地域間格差問題を、北海道・沖縄・スコットランドをフィールドとして、調査・研究を進めています。

■ 現在の専門分野
社会学 (キーワード:社会学)

■ 授業科目
シラバス検索画面へ

■ 所属学会
1. 2002/04~ 日本村落社会研究学会
2. 2002/04~ 日本社会学会
3. 2002/04~ 東北社会学会
4. 2002/04~ 北海道社会学会

■ 著書・論文歴
<論文>
1. 2011/10 地域社会再生の社会学 : スコットランド高地・島嶼 開発公社の地域「活性化」戦略に学ぶ  (単著) 
2. 2010/10 感情コミュニケーションの社会学と現代社会(10)  (単著) 
3. 2010/03 感情コミュニケーションの社会学と現代社会 (9)  (単著) 
4. 2010/03 スコットランド研究 その(1) : スコットランドの歴史と文化と政治的視点から,地域再生戦略,その国民性ならびに分離・独立運動の考察  (共著) 
5. 2009/12 感情コミュニケーションの社会学と現代社会 (8)  (単著) 
6. 2009/03 感情コミュニケーションの社会学と現代社会 (7)  (単著) 
7. 2008/11 感情コミュニケーションの社会学と現代社会 (6)  (単著) 
8. 2008/03 感情コミュニケーションの社会学と現代社会 (5)  (単著) 
9. 2007/10 感情コミュニケーションの社会学と現代社会 (4)  (単著) 
10. 2007/03 感情コミュニケーションの社会学と現代社会 (3)  (単著) 
11. 2006/11 感情コミュニケーションの社会学と現代社会 (2)  (単著) 
12. 2006/03 感情コミュニケーションの社会学と現代社会(1)  (単著) 
13. 2005/11 社会的再生産論よりみた地域社会論―新しい『都市』と『農村』の関係を求めて―(9)  (単著) 
14. 2003/03 社会的再生産論よりみた地域社会論―新しい『都市』と『農村』の関係を求めて―(8)  (単著) 
15. 2002/02 社会的再生産論よりみた地域社会論―新しい『都市』と『農村』の関係を求めて―(7)  (単著) 
16. 2001/12 社会的再生産論よりみた地域社会論―新しい『都市』と『農村』の関係を求めて―(6)  (単著) 
17. 2001/03 社会的再生産論よりみた地域社会論―新しい『都市』と『農村』の関係を求めて―(5)  (単著) 
18. 2000/09 社会的再生産論よりみた地域社会論―新しい『都市』と『農村』の関係を求めて―(4)  (単著) 
19. 2000/03 社会的再生産論よりみた地域社会論―新しい『都市』と『農村』の関係を求めて―(3)  (単著) 
20. 1999/09 社会的再生産論よりみた地域社会論―新しい『都市』と『農村』の関係を求めて―(2)  (単著) 
21. 1999/03 社会的再生産論よりみた地域社会論―新しい『都市』と『農村』の関係を求めて―(1)  (単著) 
22. 1995/12 ボードリヤールの『消費生活』論  (共著) 
<著書>
23. 2011/04 現代社会と感情コミュニケーション  (単著) 
24. 2003/01 『生活の公共性化と地域社会再生』  (共著) 
25. 2000/04 『都市・農村関係の地域社会論―再生産論・生活文化論・自治体論― 』  (共著) 
26. 1996/08 『理性、感情、諸個人の自律―ホープ氏の道徳知の理論―』  (単著) 
<その他>
27. 2012/02 研究ノート/「他者と共に生きる」生き方探求の社会学 : 地域社会をつくる,自己をつくる  (単著) 
28. 2004/03 研究ノート・報告書/  「新たな都市・農村関係の創造、生活の公共性化、地域社会再生」、  「現下の日本における地域的不均等発展動向の若干の特徴について」、  「北海道の産炭都市における産業解体と地域経済」、  「北海道の産炭都市における産業解体と地域生活」  (単著) 
29. 2002/06 書評/  内田和浩『自治体社会教育』の創造』  (単著) 
30. 2001/10 研究ノート・報告書/  「沖縄県の地域社会形成と産業的特質」、  「周辺地域の社会形成と産業的特質」、  「沖縄製糖業の展開と存立条件」  (単著) 
31. 1999/06 書評/  川前あゆみ・玉井康之『山村留学と学校・地域づくり』  (単著) 
32. 1999/03 翻訳/  ヴィンセント・M・ホープ『ハチスン、ヒューム、スミスの道徳哲学―合意による徳―』  (共著) 
33. 1997/03 研究ノート・報告書/  「沖縄県における産業の歴史的展開と〈都市〉・〈農村〉の地域分化の特質」  (単著) 

■ 学会発表
1. 1996/07 学会発表/理性、感情、諸個人の自律―ホープ氏の道徳知に関する理論について
2. 2009/06 学会発表/ツーリズムの展開と地域社会の変容-「観光化する島」・竹富島の「うつぐみ」の精神(こころ)の行方-

■ 教育活動
<教育方法の実践例>
1. 2002/04~ オリジナルビデオ教材を用いた授業
2. 2002/04~ オリジナルプリント教材を用いた授業
3. 2006/10~ 複数の教員による協同のワークショップ型授業
<作成した教科書、教材>
4. 2002/04 生活構造論・北海道社会論ビデオ教材
5. 2003/01 『生活の公共性化と地域社会再生』(再掲)

  閉じる このページの先頭へ
 
無断転載を禁止します。    公開情報について    本学HPへ