ミナガワ マサアキ
  Minagawa Masaaki
  皆川 雅章
  法学部
  法律学科
  教授
■ 学位・学歴
1. (学位取得) 北海道大学 工学博士

■ 現在の専門分野
ICTを用いた教育 (キーワード:情報教育、デジタル・アーカイブ)

■ 授業科目
シラバス検索画面へ

■ 所属学会
1. 1991/06~ 情報処理学会
2. 2000/01~ 日本社会情報学会
3. 2002/04~2003/03 情報処理学会
4. 2005/08~ 教育システム情報学会
5. 2006/05~ コンピュータ利用教育学会

■ 著書・論文歴
<論文>
1. 2005/12 高校普通教科『情報』授業実施状況予備調査報告  (共著) 
2. 2004/12 基礎ゼミナールⅠにおいて学生の発言を促す試み  (単著) 
3. 2004/03 個人差を考慮したCG教育の必要性について  (単著) 
4. 2003/03 JavaScriptを用いたホームページ制作指導の試み  (単著) 
5. 2002/03 Webページを利用したCG教育(試行結果と課題)  (単著) 
6. 2001/03 社会情報学部における講義・演習並行教育の実施状況と課題(CG教育を例として)  (単著) 
7. 1998/11 多数円板の矩形内配置問題(振動制御法によるアプローチ)  (共著) 
8. 1998/01 A Co-evolutionary Model for Jobshop    Scheduing – An Experimental Study of a Multiple-Project Type Problem, CIRP Journal of Manufacturing Systems  (共著) 
9. 1997/04 マルチエージェントの協調による積木問題へのアプローチ  (共著) 
10. 1996/05 進化型学習に基づく積木問題の自律分散型解法  (共著) 
11. 1996/03 Solving Nonlinear Block Stacking Problem by Operator Oriented Genetic Algorithm  (単著) 
12. 1995/11 情報処理的側面から見た人工生命(免疫システムの話題  (単著) 
<著書>
13. 2014/12 民具資料のデジタルアーカイブ化 -3DCGによる刺繍文様の運針過程の可視化 -  (単著) 
14. 2013/03 大学における新しいコンピュータ・リテラシー教育プログラム - 高大接続と専門教育への接続 -  (共著) 
<その他>
15. 2017/02 社会情報学部における高大連携の取り組み  (単著) 
16. 2017/02 学校の歴史デジタルアーカイブ - 札幌学院大学建学記念館展示資料を例として -  (単著) 
17. 2016/11 学習過程の可視化と記録のためのノート活用  (単著) 
18. 2016/11 民具資料のデジタルアーカイブ化 - 俯瞰撮影画像を用いたアイヌ衣服文様の立体的構成の再現 -  (単著) 
19. 2016/10 大学初年次における基礎的計算力育成 - 履修者の学習状況に基づく動画教材の構成方法の検討 -  (単著) 
20. 2016/10 学芸員課程におけるデジタル・アーキビスト養成教育  (単著) 
21. 2016/09 初年次における計算力育成の取り組み - 学習用ノートを用いた思考・計算過程の可視化 -  (単著) 
22. 2016/08 大学初年次における基礎的計算力育成方法の検討 - 動画教材と学習用ノートの活用 -  (単著) 
23. 2016/08 民具資料のデジタルアーカイブ化 - アイヌ衣服文様の立体的構成の再現を可能にする資料撮影方法の検討 -  (単著) 
24. 2016/02 民具資料のデジタル・アーカイブ化 -アイヌ衣服文様の立体的構成の再現を可能にするアーカイブデータ作成の検討 -  (単著) 
25. 2015/11 音声認識を用いた講義改善の試み  (単著) 
26. 2015/09 初年次科目における講義受講ノート作成指導の結果に関する1考察 - 効果と持続性の観点から -  (単著) 
27. 2015/08 講義受講ノート作成指導におけるルーブリック評価導入の試み  (単著) 
28. 2015/08 民具資料のデジタルアーカイブ化 - アイヌ刺繍文様のデジタル表現に関する1考察 -  (単著) 
29. 2015/08 講義受講ノートの電子化による学習履歴の記録と活用  (単著) 
30. 2015/02 学習履歴としての講義受講ノートの活用  (単著) 
31. 2014/12 音声認識ソフトの講義活用に向けた検討 - 講義環境で発生する問題への取組み -  (単著) 
32. 2014/09 学習に活用するためのノート作成指導の試み  (単著) 
33. 2014/08 音声認識ソフトの講義活用のための導入実験  (単著) 
34. 2014/02 民具資料のデジタル・アーカイブ化 第11報 - 3DCGによる刺繍文様の運針過程の可視化 –  (単著) 
35. 2013/09 高校での学習スタイルを大学での学びに結び付ける試み - ノートを中心とした講義展開 -  (単著) 
36. 2013/08 音声認識ソフトを用いたノートテイク代替支援の可能性に関する1考察  (単著) 
37. 2013/03 演習型講義における音声認識ソフト活用の試み  (単著) 
38. 2013/01 タブレット型端末における手書きメモアプリ活用事例‐教材提示装置の代替手段として‐  (単著) 
39. 2012/11 演習型講義におけるタブレット型端末を用いた学習支援の試み  (単著) 
40. 2012/09 1年次学生にメモやノートを取る習慣を身につけさせる試み  (単著) 
41. 2012/08 高校生・大学生のプレゼンテーション力評価の方法に関する1考察  (単著) 
42. 2011/11 PCカンファレンス北海道におけるプレゼンテーション力評価の試み  (単著) 
43. 2011/09 民具資料のデジタル・アーカイブ化 第7報 -アイヌ衣服文様の教材活用 -  (共著) 
44. 2011/08 民具資料のデジタル・アーカイブ化 第6報 - アイヌ衣服文様のCG化に関する1考察 –  (共著) 
45. 2011/08 文系大学におけるコンピュータリテラシー教育の役割に関する1考察  (共著) 
46. 2011/08 「大学のコンピュータリテラシー教育における高大接続と専門教育への接続 」  (共著) 
47. 2011/03 コンピュータリテラシー教育と専門教育の接続 第2報-試行成果と評価-  (単著) 
48. 2010/09 コンピュータリテラシー教育と専門教育の接続-文系大学における事例-  (単著) 
49. 2010/08 民具資料のデジタル・アーカイブ化 第3報-アイヌ文様におけるパターン抽出-  (単著) 
50. 2010/07 双方向型高大連携-情報教育における相互理解と協働-  (単著) 
51. 2010/03 パソコン利活用を主体とした生涯学習活動における3DCG活用の試み  (単著) 
52. 2010/03 第2回 情報教育における高大接続の質向上に向けたワークショップ  (単著) 
53. 2010/03 コンピューターリテラシー力の接続性を保証するシステムの提案  (単著) 
54. 2010/02 民具資料のデジタル・アーカイブ化 第2報-属性情報の作図方法について-  (単著) 
55. 2009/11 自動採点ツールを核としたコンピュータリテラシー教育の高大接続の提案  (単著) 
56. 2009/11 学芸員過程におけるコンピュータ利活用教育-ドロー系ソフトウェアを用いた線画作成  (単著) 
57. 2009/11 民具資料のデジタル・アーカイブ化-コンピュータを用いた線画作成方法について-  (単著) 
58. 2009/08 情報教育のための双方型高大連携-共通教材開発の試み-  (単著) 
59. 2009/08 学芸員過程におけるコンピュータ利活用教育-デジタル・アーキビスト養成に向けての試み-  (単著) 
60. 2009/08 大学におけるコンピュータリテラシー科目と非情報系専門科目の接続-学芸員過程におけるコンピュータ系活用教育の例-  (単著) 
61. 2009/03 情報教育のための双方向型高大連携-連携ネットワーク構築=  (単著) 
62. 2009/03 自動採点ツールを評価システムとする情報教育の質保証と高大連携の展開  (単著) 
63. 2009/03 情報教育に関する意見交換会実施報告  (単著) 
64. 2008/11 障がい者の講義受講におけるノートPCの利活用  (単著) 
65. 2008/09 情報教育に関する高大連携の取組み  (単著) 
66. 2008/09 自動採点ツールを用いたコンピュータリテラシー教育の質保証  (単著) 
67. 2008/08 情報教育のための双方向型高大連携-教科「情報」を大学情報教育の接続-  (単著) 
68. 2000/12 翻訳/  強化学習  (共著) 
69. 1999/05 翻訳/  遺伝アルゴリズムの理論(自然・人工システムにおける適応)  (共著) 

■ 学会発表
1. 1995/03 積木問題の遺伝的学習に基づく Emergent Behavior
2. 1995/03 ロボット作業計画における行動プラン生成:積木問題の例
3. 1995/06 積木問題における自律分散型ブロックエージェントの挙動進化
4. 1995/06 空間再配置問題における自律移動物体群の Emergent Behavior
5. 1996/01 空間再配置問題の自律分散的解法:EPによる挙動関数の獲得
6. 1996/04 積木問題の自律分散型解法:競合解消に関する実験的考察
7. 1996/06 群エージェント間の衝突回避戦略獲得の1方法
8. 1996/06 群集内移動動作のシミュレーション:挙動関数の獲得
9. 1996/07 Multiple Robot Navigation in Cellular Space: Acquisition of Collective Behavior
10. 1996/10 大規模自律エージェント群による Collective Behavior
11. 1996/10 自律エージェント群による配送問題の分散的解法
12. 1996/11 Solving Large Scale Block Stacking Problem: A Distributed Approach
13. 1996/11 Acquiring Decentralized Control Strategy for Cellular Warehouse
14. 1997/01 大規模自律エージェント群の協調行動獲得に関する実験的考察
15. 1997/01 配線問題への進化的アプローチ
16. 1997/05 Evolving strategy for packing circles into a rectangle:GA-based parameter tuning for controlling external vibration force
17. 1997/05 A Co-Evolutionary Model for Jobshop Scheduling - An Experimental Study of a Multiple-Project Type Problem
18. 1997/11 A Strategy for Packing Circles: Vibration Control Approach
19. 1998/05 Improving Job-shop Scheduling Performance by Adding Bottleneck-Finding Parasites
20. 1998/05 Packing Circles under Variable Spatial Constraints: A Vibration Control Approach
21. 1998/05 A Conflict Resolution Algorithm for Cellular Warehouse Problem
22. 1998/05 Training Mobile Agent to Solve Cellular Maze Problem: An ANN Based Approach
23. 1998/05 A Mobile Agents Approach to Large Scale Block Stacking Problem
24. 1998/07 A Coevolutionary Approach to a Multiproject-type Scheduling Problem; An Application of Coevolution Based on Competition
25. 1998/07 Development of a Flexible Nesting and Cutting System for Circular Objects
26. 1998/11 Packing Polygons Using Artificial Shake Actions
27. 1998/11 Solving Block Stacking Problems in Cellular Space
28. 2002/03 大規模積木問題のボトムアップ型解法に関する実験的考察
29. 2002/10 大規模積木問題の1解法(進化計算によるアプローチ)
30. 2003/09 大規模積木問題の1解法-問題空間の知識利用に関する実験的考察-
31. 2005/11 教科『情報』実施状況調査-期待と現実-
32. 2006/08 大学一般情報教育へのCG教育導入の可能性
33. 2006/08 教科「情報」から大学情報教育への接続における高大連携の試み
34. 2006/09 工業製品3DCGコンテストへの取組み

■ 教育活動
<教育方法の実践例>
1. 1999/04~ 自学自習用テキストの作成
2. 2001/04~ インターネットを利用した授業時間外学習の促進
3. 2001/04~2004/07 全員参加・発言型の基礎ゼミナール
<作成した教科書、教材>
4. 1999/04 3DCG制作学習用教材
5. 2000/04 画像加工学習用教材
6. 2001/04 CG作図アルゴリズム学習用教材
7. 2001/04 知的情報処理学習のための教材
8. 2001/11 HTML学習用教材
9. 2002/11 JavaScript学習用教材
10. 2003/04 ドロー系作図ソフトウェアを用いたCG制作用教材
11. 2005/04 Java言語学習用教材
<その他>
12. 2000/04~ CG検定受験指導
13. 2001/09~ 3DCG作品コンテスト参加

■ 社会における活動
1. 2004/04~2005/03 北海道札幌東高等学校 PTA会長
2. 2009/04~ 札幌市立平岡緑中学校学校 学校評議員
3. 2009/04~ 江別パソコン利用研究会(EPOC) 会長

  閉じる このページの先頭へ
 
無断転載を禁止します。    公開情報について    本学HPへ